《2周年御礼》早大攻略プログラム受付中!

今使っている参考書の効力を最大限に活用する方法

辞書
The following two tabs change content below.
偏差値48から早稲田大学に1年独学のみで逆転合格。 大学進学後、仕送りなしで高級アルバイトや奨学金、起業などによって年間100万円以上する学費・生活費を工面し学生時代を謳歌し卒業。 大学生向けに就職活動の支援も行っています。気になる記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは。
トッシーです。

 

今回は、参考書の効果的使用法について
紹介しようと思います。

 

最近、僕が教えている生徒さんから
参考書に関する質問を多くいただきます。

 

・〇〇という参考書の使い方を教えてください。

どういう手順で参考書に取り組んだら良いですか?

 

あなたもそんな悩みを持っていませんか?

 

今使っている参考書を
最大限活用できる方法を知っていれば、
同じ参考書を使用するライバル受験生に
きっと差をつけられるでしょう

 

それでは、その方法をお伝えします。

 

心の準備はいいですか?

 

「問題集の使用方法」を読む

 

問題集の目次前後には、
必ずと言って良いほど
使用方法が記載されています。

 

しかし、落ちこぼれだったトッシーは
こう考えていました。

 

そんなめんどくさそうな
解説なんか読むだけ時間の無駄だ。

自分のやり方でやるから必要ない。

 

こう考えていました。

 

ですが、この発想こそが
間違いだったのです

 

自分勝手なオリジナル勉強法によって
参考書の効果的使用法を妨げていたのです。

 

なぜ使用法を読むのか

 

一つ例を挙げたほうが分かりやすい。
受験生当時、僕が使用していた
現代文の参考書に例えてみます。

 


「頻出現代文を読む」
(駿台文庫)

 

この参考書には、
『本書の構成と利用法』という
表記で記載されています。

 

◎まず何度も通読してみること
◎テーマ・主張を捕まえてみること
◎話題・結論が見えたら次にどのような論拠で主張しているか理解すること
◎何度読んでも理解の糸口がつかめない場合は欄外にある「語意・語注」を参照
◎それでも解らないときは「key point」を見る
◎「key point」を見ただけで内容が頭の中に浮かべば本文の理解はできている

 

僕はこの使用法を初めて見たとき、

 

何度通読したら良いのか?

 

と言ったような疑問が先行して
なかなか行動に移せませんでした。

 

さらに、文章を読んでいて
意味がよく分からなければ
適当に読み飛ばしていました。

 

使用法には、しっかりと
「欄外にある語意・語注を参照」
「key pointを見る」
という表記があります。

 

効果的な活用法が書かれているにも
関わらず自分なりに勉強していたのです。

 

その結果、自分の行動自体が
無駄だったと気づきました。

 

当然ですが、参考書にも作者がいます
参考書の作者が一番参考書の使用法を
知っているはずなのです。

 

偶然手に取った読者が
効果的な方法を熟知していることは
まずありません。

 

少なくとも参考書の作成者は
受験生よりも受験について
熟知しています

 

ということは、
その参考書の作者から
参考書の使い方を学ぶ方が
ベストだと言えます。

 

読者である受験生に最大限、
参考書を活用して欲しい
と思っているからこそ
「活用法」を最初に挙げているのです。

 

さあ、今日からあなたも
参考書の使用法を読んで
その通りに実践してみましょう。

辞書

大学受験に悩む受験生の声から誕生した特別なレポートを無料で配布することにしました。

受験攻略法を総ページ60ページ以上にまとめました。偏差値40から早稲田大学に逆転合格した必勝法をあますところなく紹介しています。

あなたは偏差値40、模試結果E判定で志望校を諦めていませんか?

実は、無意識のうちにしている『無駄』を省くだけで飛躍的に点数は伸びます。

あなたもその方法を知りたくないですか?
受験勉強に悩むあなたのために作成しました。

今すぐ手に入れて実践してください。
ここでは言えない《豪華特典》が付いています。

詳しくはレポートの最後で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

偏差値48から早稲田大学に1年独学のみで逆転合格。 大学進学後、仕送りなしで高級アルバイトや奨学金、起業などによって年間100万円以上する学費・生活費を工面し学生時代を謳歌し卒業。 大学生向けに就職活動の支援も行っています。気になる記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです!