「今のままで合格できるか不安で仕方がない」というあなたへ

分からないことが不安を助長する

僕は正直、受験に心底うんざりした時期があります。「早稲田に合格する」というアツいモチベーションを持って受験対策を始めたのも束の間、受験勉強の仕方も分からない、何の参考書を読んだら良いか、どんな順序で苦手を克服したら良いかも分からない、何をどうすれば良いか分からない、そんな自分の無力さを恨んで《自分は何でこんなにバカなんだ》そう思ったこともありました。

 

毎日のしかかるプレッシャーと勉強しているわりに実らない結果を前にして・・・「本当に早稲田に合格できるのか」「自分の勉強法は間違っているのか」自分の可能性にも自信が持てない時期がありました。早稲田に合格する、というアツい想いは冷めていき、日に日に受験勉強が嫌になっていきました

 

勉強する《つもり》はある、でも気持ちがついてこない

いつの間にかスマホのゲームや仮眠・・不安やプレッシャーに耐えられず、娯楽に逃げている自分がいました。気付いたらもう夜。「また一日終わった」「今日まったく進んでいない」「何やってんだ」そんな怠惰な日々を過ごしながらも頑張るしかない、けど頑張っても結果が出ない。それでも頑張るしかない。

 

そうやって結局逃げてしまう自分が本当に情けなくて罪悪感でいっぱいだった日々でした。「可能性もポテンシャルもやる気もない状態から早稲田に合格なんてやっぱり無理かな」、「現実を見て身の丈に会う大学に行くべきか」思い悩みました。

落ち込む

あなたはどうですか? 正直に答えてください。心のどこかで志望校への合格を諦めていませんか? 自分には夢がある!行きたい大学がある!絶対合格する!そうやって自分に言い聞かせて、本当は不安で泣きたくなる気持ちを必死にこらえていませんか?

 

頑張ればいつか絶対結果に現れる、と自分に言い聞かせて本当はすべて投げ出したい、もう何もしたくない。何で自分ばかりがこんなつらい思いをしなきゃいけないんだ、と今にも折れそうな心を必死に支えていませんか? 正直に言います。僕はかつてそうでした

 

頑張っても模試でE判定。合格への何の保証もない。前例もない。そんな中でただひたすら不安しかありません。ここだけの話ですが、ストレスと不安とプレッシャーのせいで、家の中でどうしたら良いか分からずいきなり涙が止まらなくなって泣いていたこともあります。もし合格できなかったら、と悪い未来を想像して不安で眠れなくなる夜。何度もありました。何度も何度もありました。

 

でもやっぱり夢を諦めることはできませんでした。今振り返るからこそ分かりますが、当時のつらさは本気で志望校の合格が欲しかったからこそのつらさだと思うんです。もし本気じゃなかったらあれほどまで思い悩むことはありません。あのつらさは合格に絶対必要なものだったと今なら思えます。

 

その《つらさ》はあなたが合格にちゃんと進んでいる証拠

 

だから絶望しないで夢を諦めないでください。それだけ本気になれるなら、つらい思いをするなら、その分合格してつらかった分の倍以上笑ってやりましょう。あなたの夢はあなただけのものです。周りに何と言われようが、可能性が低かろうが、あなたの想い・夢を否定する権利は誰にもありません。僕があなたに夢をあげることだってできないのです。しかし、あなたが合格を掴めるよう、努力を結果に変えるための方法ならお伝えできます。あなたの夢が夢のままで終わらない方法をあなたに伝授することができます。

 

なぜなら僕は《夢を諦めなかった元バカ受験生》であり《志望校に合格した合格者》でもあるからです。もともと地頭が良くて、周りに期待された優等生でもなく、才能があるわけでもなく、お金持ちでもない、まして予備校に通うお金さえなかった僕が唯一持っていたものが《夢》でした。何としても早稲田に合格するという決意です。

 

あなたは夢を実現することができる

 

自分の夢を叶える第一条件は、もともと周囲の先生や友人に期待されている優等生であることではありません。才能があることでもなければ、お金持ちであることでもありません。たとえ多額のお金を負担して予備校や塾に通っても、全員が思い通りに成績が伸びるわけではありません。

 

その第一条件とは・・・夢を持つこと、その夢に本気になれること。これは他の誰でもなくあなたにしかできません。反対に、夢を持たない、具体的な志望校も決まっていないような受験生は納得できる成果には到達しませんし、合格できません。

 

あなたには受験をする動機がありますか?

 

本気で果たしたい夢がないのであれば、なぜ受験をするのでしょうか? 夢がないのにどうして勉強するのでしょうか? 高校生にもなっていれば、勉強や進学は義務ではありません。希望すれば就職もできますし、結婚だってできるのです。勉強が嫌いでどうしてもしたくないのであれば無理にしなくても良いのです。誰もあなたを止めません。

 

ではどうして受験するのですか?果たしたい夢があるのではないでしょうか? そしてそれは何だって良いんです。

 

  • 大学生になりたい
  • 将来こんな仕事がしたい
  • 素敵な家族をつくりたい
  • 裕福な暮らしがしたい

 

それはあなたが決めることです。他人があなたに押し付けるものでもなく、義務的にやるものでもありません。僕があなたに夢をあげることはできないし、僕があなたを本気にさせることもできないのです。夢を見出したり、その夢に本気になれるのはあなた自身だけなのです。そして、あなたはそれができているのです。あとは結果を出すだけでしょう?

 

あなたの夢を実現するプログラムが始動します

 

かつて苦しかった受験生のときを振り返ってみて「これがあったから合格できた」と思えるもの、そして数多くの現役早大生の調査をもとにして《底辺受験生が難関大に合格するためにはどうすれば良いか》をメソッド化したプログラムを作成しています。落ちこぼれだったかつての僕が抱えていた悩みをすべて解決できるくらいのものです。勉強法も分からず、ただ不安で正直言って頭も良くないバカ受験生でもちゃんと身につけられるものを作成しました。なぜなら僕がそのバカ受験生だったからです

 

昔の僕でも分かりやすい説明であれば、あなたも理解できるはずです。合格できる実力がついた後、「夢だけのバカ受験生なんてもう呼ばせない」と言えるようになるでしょう。あなたの夢はあなたのものです。あなたが夢を捨ててしまえば、もう誰も拾うことはできません。早稲田に入りたい!その想いを諦めず持っていてくれれば、その夢を現実に変える方法をプログラム化して具体的な方法としてあなたにお伝えします。

 

 

今回は以上です。
ありがとうございました。